起業するなら知らないと絶対にダメ!資金調達の3つの方法


金融機関などから融資を受ける

融資とは、メガバンクや信用金庫、日本政策金融公庫などの金融機関、または親族などからお金を借りることです。お金を”借りる”ということはもちろん返済の義務が発生します。親族など近しい関係の人から融資を受ける場合はその限りでないこともありますが、ほとんどの場合金利が発生します。仮に事業が立ちいかくなり、返済が難しくなった場合、裁判などになります。また、親族や友人からの借り入れの場合絶縁などその後の人間関係に支障をきたす場合もあるのでよく考えた上で融資をしてもらうことが必要です。

投資家や企業から出資を受ける

出資とは、前述した融資とは違い事業の成功や成長を期待してお金を出してもらうことで簡単に言うと「返済の必要がないお金」です。資金繰りのことを考えると返済の必要がない分魅力的に見えますが、出資比率によっては出資者に事実上の経営権を奪われてしまう可能性もある為、誰にいくらの金額を出資してもらうのかなど慎重な検討が必要です。ですが、自らの事業計画に自信があるのであれば、自分にも相手にもメリットのある資金調達方法となります。

補助金や助成金を利用する

補助金・助成金とは、国や自治体、地方公共団体から返済不要の給付金をもらえる制度です。その種類は創業補助金や小規模事業者持続化補助金

など多岐に分かれており、国や自治体の抱えている悩みを解決できるサービスを事業として行うなら承認率も高く使える制度です。どちらも事業計画書を用いての審査などがありますが、補助金に比べると助成金は高い確率でもらうことができ、資金作りに困っている経営者にとってはありがたい制度と言えます。

ファクタリングとは与信リスクの高い取引先の債権を保険にかけることです。取引先との交渉が不要なうえ、保証額の数%の保険料でリスクを大幅に減らすことができるなど、メリットの多い債権保全策と言えます。

オフィシャルサイト