業務がしやすくなる!法人デビットカードの選び方


どのような基準で選ぶか

法人デビットカードを利用すれば、さまざまな面で事業の役に立てることができます。ですが、デビットカードと一口に言っても、発行している会社によってそれぞれ条件や使いやすさに若干の違いがあります。できるだけ使いやすいデビットカードを選ぶためには、あらかじめ個々のカードの詳細をしっかりと把握しておく必要があります。法人向けデビットカードを選ぶ際に一つの基準となるのが、使用限度額です。使用限度額が多いほど幅広い価格のものが購入できるために、より使いやすくなります。一般的にデビットカードはクレジットカードよりも使用限度額が多いのが特徴になっています。使える金額を制限したい場合には、使用限度額が限られているものを選ぶのも一つの方法です。

デビットカードの作りやすさ

法人デビットカードを選ぶ際に重要な要素の一つとしてカードの作りやすさもあげられます。決済が商品の購入後すぐに行われるのが法人デビットカードの特徴ですが、決済が早いためにカードを発行するほうでもリスクが少なくなるため、クレジットカードよりも作りやすくなっています。購入した商品の代金はあらかじめ契約で定められた口座などから引き落とされるのが一般的ですが、この場合デビットカードを発行している会社と、口座を管理している会社が共通しているケースがよくあります。そのために銀行が発行しているデビットカードなどは、あらかじめその銀行の口座を開設していれば、それだけ簡単にカードを発行することができるので便利です。

法人 デビットカードとは法人用のデビットカードの事です。会計時にこのカードを利用すれば、法人名義の銀行口座から直接支払いを行うことができます。キャッシュレスで便利な支払方法です。