これだけ違ってる!?狭域通信制高校と広域通信制高校


入学できるエリアの範囲が違う

通信制高校は広域と狭域に分かれており、住んでいる地域によって入学制限があります。通信制高校では、レポートに加えてスクーリングがあるので、学校に通える範囲でのみ入学が許可されます。それでも、全日制や定時制が学校所在エリアの生徒しか入学できないのに対し、通信制ではより広いエリアの生徒が入学できます。但し入学できる範囲は、広域と狭域に分かれています。広域通信制高校は、入学できる都道府県が3つ以上に跨ります。一方、狭域通信制高校は学校所在県と隣接する都道府県が一つとなります。

スクーリング体制が違う

広域通信制高校の場合、入学可能エリア内に校舎を擁しないことがあります。このようなケースでも、提携校をつくることでスクーリングが行えるようになります。普段は提携校に通いながら、年のうち数日を通信制高校の本校で授業を受けたりします。因みに私立校の殆どは、広域通信制高校です。一方、一般的な狭域通信制高校は、スクーリング施設が本校に限られています。狭域通信制高校の殆どは公立ですが、一部の私立が含まれます。

授業内容や規則の柔軟性が違う

広域通信制高校ではスクーリングの負担を軽減するため、施設の拡充を図ったり宿泊施設を用意したりします。また、インターネットを活用した授業など、様々な試みがなされています。一方公立の狭域通信制高校は、所在する地域の教育委員会の管轄になります。それゆえ授業内容はやや画一的になる傾向があります。広域通信制高校には規則に縛られない柔軟性があり、生徒側にとっても多様な学習形態が選択できます。

通信高校は場所や時間を問わず、働きながらでも勉強できて便利です。この通信制高校を埼玉県から選ぶと、喧噪な都会からやや離れて、スクーリングの際には広々とした環境の良い高校で学ぶことができます。